子育てについて

子供を立派な人間として育て上げるのは凄い仕事だと思います。
子育てによっては子供が将来良い方向へ行ったり、そして何かの食い違いで
悪い方向に進んでしまうこともあったり、そして家庭環境にも凄く影響します。
裕福な家庭とそうではない家庭で行う子育て、両親共にいる家庭から
片親しかいない家庭で行われる子育てにどのようなものがあるのでしょうか。

また共働きなのか専業主婦なのか、各家庭での環境が違う中で行われる子育ては
一体どのようなものがあると思いますか。
そして子育て真っ最中の家庭から子育て未経験の家庭が描く理想の子育てについてなどを
考えると本当に子育ては深いものです。
子育てはただ小さな子供に食べ物を与えて体を育て上げるものではありません。
子供の内面も育て上げることが本来の子育てであり、子育てによって将来どのような
大人になるのかはご両親や周りの方々の子育て次第で大きく影響が出てしまいます。

では一体どのようにして子育てを進めていけばよいのかいうと、子育てに関しては正解は存在しないです。
それは各家庭においてベストだと思える子育てを模索していくしかありません。
難しいかもしれないですが昔からみなさん「このやり方で良いのだろうか?」と悩みながら日々
必死に子育てをして、気が付いたら子供が大人になっていたというケースが多いです。
でもたった一つ子育てにおいて忘れてはいけないことがあります。 それは子供に対する愛情です。

愛情を忘れて子供に接していると子供の成長過程に大きな影響が出てしまいます。
残念ながら、ニュースなどでの報道でも児童虐待やネグレストなど心が痛む話ばかりです。
何もできない小さな子供が愛情を注いでもらえない上、暴力やネグレストによって
被害を受けている事を考えると子育ての上で一番重要なものは「愛情」ということがわかります。

お金がないと子供を育てることができないですが、愛情がなければもっと
子供を育てることができないのです。
お金はあるけれども愛情を注がずに育った子供さんは将来どのような大人になりますか。

おそらく可哀想なくらいに表情がない大人になってしまう可能性が高いでしょう。
各家庭で最大限にできる子育てを考えていくことで、より子供に対する愛情が増してくるのです。
今は子供を取り巻く環境が激変して子育てに対して迷いが生じることもありますが、親御さんは
絶対に何があっても子供に対する愛情だけは忘れないでほしいです。
愛情という子育ては昔も今もそしてこれからも決して変わることがないものです。

愛情を注がれて育った子供はとてもいい表情を見せてくれます。
笑ったり、泣いたり、怒ったり、目まぐるしく変わるその表情は毎日見続けても飽きる親はいません。
赤ちゃんが初めて笑ったときのことを、子供が大きくなっても覚えているお父さんお母さんは少なくないでしょう。
成長と共に顔つきも大人っぽくなっていくので、子供の表情は形として残しておきたいですね。
子供の成長を写真館で撮ろうと言われて、思い浮かぶのは七五三や端午の節句にかしこまって撮影する場面かもしれませんが、
最近ではオシャレなセットで自然な表情を切り取ってくれるフォトスタジオがあります。
若いお母さんは「自分の子供の頃にもこんなスタジオがあったらよかったのに・・・」という思いから、
自分の子供を連れて行き、ママ友に写真を見せて広めているようですね。
お父さんお母さんも一緒に撮影してもらえるので、是非いつもの笑顔で家族写真を残してください。